コースポートフォリオ

大学教員が、担当する単一の「コース」を対象として、その「デザイン」「実施」「学生の学習」について反省的に記述するコースポートフォリオについて紹介します。ここでは、先駆的なスナップショットの作成事例を紹介します。

「コースポートフォリオ」の作成例:個人教員による授業改善

2010年度後期(9月〜3月)にコースポートフォリオ実践プログラムの試行において作成された3名の大学教員による事例です。スナップショット上の各ボックスから、詳細説明にアクセスできます。また、1回(90分)の授業について、時間軸上に沿って授業の構造を記録し、振り返る「授業分析」スナップショットも合わせて作成されています。また、他大学の教員によるコースポートフォリオのピアレビューも実施しています。

教育心理学

教育心理学
神藤貴昭先生(立命館大学)

情報と社会

情報と社会
稲葉利江子先生(京都大学)

教育人間学基礎講読

教育人間学基礎講読
林貴啓先生(立命館大学)

「コースポートフォリオ」の作成例:教員コミュニティによる科目間連携

2011年度後期に、藍野大学および大阪府立大学工業高等専門学校の教員コミュニティにより取り組まれた実践プログラムの事例です。同じ学科の教員でコースポートフォリオを作成・共有することにより、科目間のつながりやカリキュラム改善にも活用することができます。

・藍野大学における事例(7名)はこちら

・大阪府立大学工業高等専門学校における事例(5名)はこちら

病理学

病理学
山田義博先生(藍野大学)

体表解剖学

体表解剖学
熊田仁先生(藍野大学)

メカトロニクス

メカトロニクス
金田忠裕先生(大阪府立大学工業高等専門学校)

「コースポートフォリオ」の作成例:米国での先行事例

オリジナル版KEEP Toolkitのテンプレートギャラリーで提供されている、コースポートフォリオの作成事例の日本語版です。

数学的な思考方法を学ぶために

数学的な思考方法を学ぶために
B. Cooperstein先生(カリフォルニア大学サンタクルーズ校)

MOST活用プログラム「コースポートフォリオ」

MOST活用プログラムでは、MOSTやKEEP Toolkitを使ったFDや教育改善のためのプログラムの説明や各種関連リソースを提供しています。

  • MOST活用プログラム「コースポートフォリオ」はこちら