大阪大学わに博士
大学教育実践センターの多様なFD活動の取り組み

大阪大学 大学教育実践センター 山成数明 服部憲児

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学教育実践センターは、全学出動方式によって実施されている全学共通教育の企画運営上の責任体制の明確化と機動性の強化を図るとともに教育情報室のもと、大阪大学におけるファカルティ・ディベロップメントの活性化を図ることをミッションとしています。
   wani博士

 <特色>
1. 全学共通教育
2. FD活動
3. 学生との
 

大学教育実践センターのFD活動については、『外部評価報告書』(平成20年)において、以下のように評価されています。
・「FD活動の実績:多彩な企画、イベントを実施し、優れた実績を残している。」  
・「FD活動の条件整備は、どこでも悪戦苦闘であるが、阪大は善戦している。」  
このようにFD活動について、概ね好意的な評価をいただきました。
しかしながら、この間に大学設置基準の改正によってFDが義務化され、実効性を伴った組織的なFDの実施がいっそう求められるようになっています。

大阪大学大学教育実践センターは、高評価に慢心することなく部門改編により「FD推進部門」を新設して実施体制を整え、
①これまでのFD活動を継続・充実するとともに、②新たなFD活動乗り出しています。

以下に、その多様なFD活動をご紹介します。 

大阪大学 大学教育実践センター HPはこちら。

1.学内連携型FD

1-1.全学FDセミナー

本学では、各研究科において積極的なFD活動が実践されています。
それらを相互に紹介し、情報交換することにより、各研究科等のFD活動をさらに発展させるために、教育・情報室との共催で、毎年「全学FDセミナー」を開催しています。
(2010年度は実施せず)

2.新任研修型FD

2-1.共通教育新任教員研修

はじめて共通教育を担当する教員や大阪大学に新規に赴任した教員(非常勤も含む)を対象に、大阪大学における教育の取組や共通教育の仕組みを紹介することで、教育の質の向上に資するため、教育・情報室とセンターとの共催で「共通教育新任教員研修」を毎年実施しています。

H23新任教員研修写真

 

 

 

 

 




「H23年新任教員研修」の報告書はこちら。

2-2.共通教育TA(ティーチング・アシスタント)研修

TAの力量向上および円滑な活動の支援のために、実験や実習科目においては、従来からTA研修が実施されてきました。

平成21年から毎年4月に、共通教育の全TAを対象にして、「共通教育TA研修」を開催しています。これは、共通教育の共通教育の改善と円滑な実施に資するために実施しており、TAに対して共通教育や業務への理解を促進しています。

TA研修写真

 

 

 

 

 

 

 

H23年度共通教育TA研修報告書はこちら。

■参考文献■

  • 香取草之助 監訳「授業をどうする!カリフォルニア大学バークレー校の授業改善のためのアイデア集」東海大学出版会、1995年
  • 池田輝政 他 著「成長するティップス先生:授業デザインのための秘訣集」玉川大学出版部、2001年
  • バーバラ・クロス・デイビス著 香取草之助 監訳「授業の道具箱」東海大学出版会、2002年
  • 「北海道大学ティーチング・アシスタントマニュアル」(2008年改訂版)北海道大学・高等教育機能開発総合センター、2008年
  • 清水亮、松本勝、松本美奈 編著「学生と変える大学教育」ナカニシヤ出版、2009年

3.相互コミュニケーション型FD

3-1.クラス代表懇談会

授業・カリキュラムや学習環境などのセンターが関係する問題全般について、専任教員と学生(1回生クラス代表)が話し合うために、「クラス代表懇談会」を年2回開催しています。
平成21年度前期からは、学生部事務職員等も参加しています。

平成22年度後期クラス代表懇談会の様子はこちら。

3-2.パンキョー革命(学生・教職員懇談会)
学生・教員・職員のコミュニケーションを高める挑戦的FD活動

「パンキョー革命」は、共通教育のより良い在り方を、学生と教職員が対話をしながら共に考えていくために企画されたものです。学生・教員・職員で構成される準備委員会を組織し、企画運営段階からの対話型・学生参画型・三位一体型のFD・SDを目指しています。
最近は学外との交流も推進しています。

第4回パンキョー革命の様子はこちら。

4.直接的教育改善型FD

4-1.共通教育科目別FD

センターは、FDが義務化されたことを受け、実効性を伴ったFD活動を目指し、平成20年度より「共通教育科目別FD」を実施しています。
授業科目の内容によって分類された「くくり」を基礎に「科目別FD部会」を構成し、それぞれの実情に応じたFDを実施するとともに、情報を共有化しています。

4-2.公開授業

実効性を伴ったFDを実践の一環として、センターとして平成20年に「公開授業」を実施しました。(授業実施者:言語文化研究科・日野信行教授)。授業終了後には、授業の検討会も行いました。
なお、この取組は、科目別FDの「英語部会」との共催で行いました。また、平成22年度には、2つの部会で公開授業が行われました。

H22年度科目別FD報告についてはこちら。

4-3.共通教育賞・共通教育フォーラム・本の出版

魅力ある授業のために2センターでは、全学共通教育科目担当教員(専任教員および非常勤講師)、並びに全学共通教育実施運営に携わる教員を対象とする「共通教育賞」顕彰制度を制定しています。
また、「共通教育賞」受賞者を講師とする共通教育フォーラムを年1回開催するとともに、「共通教育省」受賞者の授業での工夫やノウハウを収録した教育実践集『魅力ある授業のために』を出版しています。平成22年3月には、第2集を刊行しました。

教育実践集「魅力ある授業のために」についてはこちら。

5.間接的教育改善型FD

5-1.大学教育セミナー

「大学教育セミナー」は、大阪大学内外から講師を招いて大学教育実践の向上についての講演を行うもので、センターの教育改善活動の1つです。教員・職員・学生を対象として、毎年実施されています。

5-2.教育実践公開研究会・学外情報の収集報告

教育実践研究会センターでは、教育実践研究会を毎月開催するとともに、教員が各所で行われる講演会・シンポジウム等に参加し、政策動向や他大学の取組に関する情報の収集に努めています。参加した教員は内容を簡単な報告書にまとめ、E-mailで全教員に配布し、情報を共有しています。

教育実践公開研究会等の報告はこちら。

6.地域連携型FD

6-1.近畿地区大学教育研究会

「近畿地区の大学教育の充実・発展を図り、あわせて大学教育に関心を有する者の協力・研鑽を推進する」ことを目的として設立された近畿地区大学教育研究会に参加して、活動を継続しています。

6-2.関西地区FD連絡協議会

「関西地区の大学および短期大学が連携して教育改善・FDを推進すること」を目的に設立された、関西地区FD連絡協議会に参加し、常任幹事校として積極的にFD活動を進めています。

おわりに…わに博士全身

今後の展開

センターの今後のFD活動は、これまでも一定の評価をいただいていますが、今後、これまでの取組を単に継続するだけでなく、さらに充実・深化させることが求められます。

まず第1に、コミュニケーションを高めるFDを充実・深化させていくにあたって、より幅広い層の参加を促進していくことです。教員の参加はもとより、事務職員がいっそう参加しやすい仕組みの構築が必要です。FD・SD活動の意義についての理解は高まっているので、積極的な参加が可能になるように日常業務のいっそうの効率化が図れないか検討したい。また、現在は直接関わっていないが関心を持っている学生は少なからずおり、パンキョー革命準備会以外の学生の関与を促進する必要があります。この点については、同準備会において、より多くの者が参加できる仕組みを検討中です。さらに、類似の取組を行っている他大学との交流も充実させていきたいと思います。

第2に、FD活動を持続的に充実するために、FDのマンネリ化を防ぐ工夫をすることです。例えば、共通教育科目別FDでは年度ごとにテーマ絞って設定すること、共通教育TA研修では具体的事例を取り扱うなどを検討する必要があります。また、そのために、困難な作業ではありますが、FD活動成果の検証方法、とりわけ可視化しにくい成果を把握する方法の開発に努めたいと思います。

第3に、これらを実現するために、全学的なFD委員会が22年度より発足しました。委員会はまだ立ち上がったばかりで十分な活動はできていませんが、他研究科との連携を深め、大阪大学にふさわしいより充実したFD活動の進展を図りたいと考えております。

, and others from {0} s Recieved {1} MOSTAR{2} {0} ! added this to Mo-susume.